南部町営地方卸売市場のジュノハート初競り。1箱15万円の最高値が付いた

 青森県南部町の町営地方卸売市場では初となる、サクランボの県産新品種「ジュノハート」の競りが3日行われ、1箱(20粒入り)15万円、1粒7500円の最高値が付くなど上々のスタートを切った。県全体の生産量の約7割が同町産とされ、関係者は地元での初競りを契機に、一大産地としての知名度向上と市場取引の活発化に期待を込めた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。