歩道に設けられたテラス席でランチを楽しむ市民

 新型コロナウイルスの影響で客足が遠のいている商店街を盛り上げようと、三沢基地正面ゲート近くの壱番街商店会(高田宣政会長)は3日、歩道のスペースを利用し、各店の前にテラス席を設けたりテークアウト販売を行ったりする取り組みを始めた。国が示した規制緩和に基づく取り組みで、青森県警交通規制課によると県内では初めて。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)