大湯の前でカウントダウンボードをお披露目する冨岡村長(左)と平井会長
カウントダウンボードには地元の入浴客が早速メッセージを書き込んだ

 青森県風間浦村下風呂地区の新温泉施設「下風呂温泉 海峡の湯」が12月に開業することに伴い、取り壊される共同浴場「新湯」と「大湯」。閉業まであと150日となった3日、村は閉業の11月30日までの日数を知らせるカウントダウンボードを両施設に設置した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)