「あおばの会」でさまざまな思いを語り合う類家学院長(奥)と親たち

 青森県八戸市の八戸あおば高等学院で6月30日、不登校生の親の交流・勉強会「あおばの会」が開かれた。同学院の生徒の保護者や職員ら約10人が参加し、時折涙ぐんだり笑ったりしながら、子どもとの向き合い方や日ごろの悩みを語り合った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から