梶山弘志経済産業相は2日、原発を運営する電力各社の社長らに対し、保有量の削減へ向けたプルトニウムの具体的な利用計画を可能な限り速やかに策定するよう要請した。電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は、日本原燃・六ケ所再処理工場(青森県六ケ所村)の完工までに計画を策定、公表するとの認識をあらためて示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)