駆除したカシパンを百石漁港に持ち帰った漁船

 百石町漁協(青森県おいらせ町、木村慶造組合長)は2日、百石漁港周辺にあるホッキガイ漁場の整備活動を始めた。冬の味覚ホッキガイが育ちやすいよう海底を耕し、天敵とされるウニの仲間「カシパン」を駆除した。13日までに計10回実施する予定。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)