弘大生を支援するため始まった100円夕食。「ボリュームがあっておいしい」と学生からは好評だ

 弘前大学(青森県弘前市)が、新型コロナウイルスで経済的な打撃を受けている学生に対する支援策を次々と打ち出している。大学独自の奨学金のほか、「100円夕食」の提供、市内の飲食店で使えるプレミアム食事券などは全国でも珍しい試み。学生の困窮ぶりを浮き彫りにした調査結果が大学の取り組みを加速させた。「学生の苦境は地域経済にも影響する」と大学と地元経済界。「大学を支援し、地域活性化につなげたい」との狙いもある。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。