1日から運用が始まったスマートバス停(右側)=七戸十和田駅南口

 十和田観光電鉄(青森県十和田市)は1日、デジタルサイネージ(電子看板)に路線バスの運行状況をリアルタイムで表示するだけでなく、緊急時の情報提供や時刻表改定の通知など多方面で活用できる「スマートバス停」を、JR七戸十和田駅南口に設置し運用を始めた。同社によると、同種のものとしては県内初という。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。