運航を再開した十和田湖遊覧船。中山半島(右側)沿いの静かな湖面をゆっくり進む=1日午前11時50分ごろ、十和田市(東奥日報空撮チーム、許可を得て小型無人機で撮影)

 昨年11月から冬季休業に入ったまま、新型コロナウイルス感染症の影響により営業を見合わせていた十和田観光電鉄(青森県十和田市、佐藤行洋社長)の十和田湖遊覧船が1日、約8カ月ぶりに運航を再開した。初日はあいにくの雨だったが、かすみがかかる中、双胴船「第一八甲田」が青みを帯びた初夏の湖水を波立たせ、航路に就いた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。