三内丸山遺跡の発掘調査現場で、担当者の説明を受ける見学者(右)

 6月から本年度(第44次)の発掘調査を行っている青森市の国特別史跡・三内丸山遺跡で、1日から現場の一般公開が始まった。集落の全体像解明を目指す調査の様子を間近に見学できる。公開日の午前11時からは、調査担当者が最新情報を踏まえ解説する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。