フットサルと出合って、アルコール依存症から回復することができた山下さん(仮名、中央)=6月中旬、芙蓉会病院体育館

 「仲間がいたからアルコール依存から脱却できた」「スポーツがあったから今の自分がいる」。青森市の精神科病院・芙蓉会病院のデイケアでは、アルコール依存症経験者や精神疾患がある人らが、フットサルなどを通して心の病からの回復に取り組む。かつて何度も治療に失敗し、自己嫌悪や孤独、挫折感にさいなまれた元依存症者たちは語る。「仲間がいれば、コロナ禍の中でも支え合って生きていける」

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から