「検査センター」開設に先立ち、ウォークスルー方式での検体採取を実演する市職員=23日

 新型コロナウイルス感染の疑いがある人に対し、青森市が独自にPCR検査を行う「検査センター」が30日、開設1週間を迎えた。発熱やせきなどがある場合の診察に特化した「地域外来」(市急病センター)が検査の必要性を判断し、検査センターにつなげる流れが定着しつつあるが、コロナと関係のない症状で受診する子どもも多いという。市は「子どもの急な発熱などの場合、まずは帰国者・接触者相談センターか、かかりつけの小児科医に相談して」と呼び掛けている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から