おかべさんの新刊を手にする森さん。籠に入っているのが新しくできた小冊子

 青森県八戸市の八戸ブックセンターの企画運営専門員・森花子さん(34)が、特別な思いを込めて絵本コーナーを設置した。森さんが小学生の頃から20年以上文通を続けたという絵本作家の故おかべりかさんの作品を集めた企画で「私と同じように、八戸の子どもたちにも、おかべさんの本を読んで楽しいと思ってもらえたらうれしい」と話した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。