「I love you」の手話で条例制定を喜ぶ県ろうあ協会の会員らと三村知事

 手話は言語であると明記し、その理解や普及促進を図る青森県手話言語条例が30日、県議会で可決、制定された。県に条例化を要望し、骨子案の検討会にも加わってきた県ろうあ協会の会員ら31人が県議会を傍聴し、待望の条例成立を喜んだ。7月6日から施行する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から