日本航空は30日、7月後半の国内線の運航便数をグループの当初計画比で66%に増やすと発表した。前半は53%としており、新型コロナウイルスの影響による減便規模はさらに縮小する。

(共同通信社)