青森労働局が30日に発表した5月の青森県内の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.07ポイント減の0.93倍となった。1倍を下回るのは2016年2月以来、4年3カ月ぶり。新型コロナウイルスの感染拡大が経済を直撃し、3カ月連続で倍率が低下した。全国順位は2番目に低い45位。請園清人局長は「非常に厳しい。6月以降は経済活動が再開しているとはいえ、中期的に見ると楽観はできない」と話している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)