青森県中泊町は29日までに、新型コロナウイルス対策として、特別定額給付金の支給対象外の4月28日以降に生まれた新生児に、「子育て応援給付金」として10万円を支給することを決めた。

 4月28日から来年3月31日までに生まれた赤ちゃんが対象。同じ期間に町に転入してきた新生児にも同様に支給する。申請期限は来年4月30日まで。

 国民1人につき10万円支給する特別定額給付金は、4月27日に住民基本台帳に載っている人が対象で、新生児は含まれていない。町では例年、40人程度の新生児が生まれており、転入者分も考慮して50人分、計500万円を予算措置し18日付で専決処分した。

 町町民課の山中哲哉課長は「生まれたばかりの赤ちゃんも、定額給付と同じ待遇にすることにした。子育て世帯の親御さんを支援したい」と話した。