改造した大型バスの車内を見学する八工大二高生ら

 青森県八戸市の八戸工業大学第二高校は24日、子ども食堂について学ぶため、「十和田こども食堂実行委員会」の水尻和幸委員長を招いて勉強会を行った。水尻さんは食堂を開いた経緯や運営の方法などを紹介し、大型バスを改造した食堂車内も案内。「青森県の子ども食堂の数が日本一になるよう、今後も取り組みを頑張りたい」と語り、高校生約20人が真剣な表情で聞き入った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から