弘前に帰郷し、岩木山と向き合って制作した新作の前に立つ貴田さん

 長年首都圏で活動してきた現代津軽こぎん刺し作家で、日展会友、現代工芸美術家協会本会員の貴田洋子さん(71)=青森県大鰐町出身=がこのほど、埼玉県所沢市から弘前市に制作拠点を移した。毎日岩木山に向き合いながら一針一針刺していると「明治時代の津軽の女たちと一緒にいるような感覚になる」という。ふるさと津軽に根を下ろし「徹底して岩木山を題材にした作品に挑戦していきたい」と意気込んでいる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)