八戸みなと漁協(青森県八戸市、岡沼明見組合長)は29日、通常総会を開き、2019年度業務報告書などを承認した。老朽化しているアワビ、ウニなどの種苗施設は今年12月末をめどに停止し、今後は指導、購買や魚介類直売所「浜市場 みなとっと」の運営などを柱に事業を行うことなどが報告された。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)