協定書に署名した(左から)櫻田会長、増岡課長、油川専務理事

 青森県、県土地改良事業団体連合会、県内の測量設計や建設コンサルタント会社などでつくる「県土地改良調査設計技術協会」は29日、大雨や台風など災害発生時の支援調整に関する協定を結んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)