1月、シルク・ドゥ・ソレイユの公演=ラトビア・リガ(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】高い芸術性で世界的な人気を誇るカナダのサーカス劇団「シルク・ドゥ・ソレイユ」は29日、カナダの裁判所に企業債権者調整法の適用を申請し、事業再生手続きに入ると発表した。コロナ感染拡大で世界各地で公演中止が相次ぎ、資金繰りが行き詰まった。

 今後、既存株主などから3億米ドル(約320億円)の金融支援を受け再建を目指す。ラマーCEOは声明で「将来の復活のため、行動しなければならない」と述べた。

 劇団はカナダのモントリオールに本拠を置き、日本にもファンが多い。米国ラスベガスでの大規模な定期公演が有名だが、新型コロナの影響で中止に追い込まれた。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む