肉牛繁殖用施設の建設予定地周辺=29日、十和田市相坂高清水

 宮崎県都城市の大手畜産会社が、青森県十和田市に年間300頭規模の和牛を繁殖させる施設を建設し、来年4月操業を目指していることが29日、同社などへの取材で分かった。繁殖施設は原則として地元の雌牛の出産に使われ、生まれた子牛も地元の肥育農家に供給される。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。