東通村が農産物加工施設を整備する旧北部中敷地。校舎なども活用し、一帯を農業の拠点エリアとする計画

 青森県東通村が、同村蒲野沢の旧北部中学校敷地に農産物加工施設を建設する。29日の臨時村議会で、関連経費を計上した2020年度一般会計補正予算案が可決された。2カ年事業で、総事業費は19億9919万円を見込む。村は旧北部中校舎を大学の研究拠点として活用するなど、一帯を農業拠点エリアとして整備する方針。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)