全国の小中学生が1人1台のパソコン(PC)・タブレット端末を使えるようにする文部科学省の「GIGAスクール構想」に基づき、青森県内40市町村教育委員会のうち少なくとも33教委が本年度内に配備を終える計画であることが29日、東奥日報社が行ったアンケートで分かった。当初2023年度での構想達成を目指していた同省が、新型コロナウイルス対策として整備加速を打ち出したことに多くの市町村が呼応し、配備計画を前倒しした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。