青函地域の希望の路(みち)を考えつつ、そこに暮らす人々の豊かで理知的な生活に寄与しよう-と、青森市のシンクタンク「青函文化経済研究所」(佐々木誠造代表)は、総合文芸誌「青函“考”路」を創刊した。小説や詩歌、エッセーのほか、評論やスポーツ、アートなど多彩なジャンルを通して地域文芸の活性化につなげたいという。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。