災いやけがれとともに人形を海に流す参加者
新型コロナウイルス感染症の沈静を願い祝詞を奏上する野澤宮司

 青森県八戸市の蕪嶋神社(野澤俊雄宮司)は28日、今年半年間の罪やけがれをはらい清める「夏越(なごし)の大祓(おおはらい)」に併せ、新型コロナウイルス感染症沈静祈願祭を同神社近くの蕪島海浜公園で行った。関係者や市民ら約30人が感染症の終息とコロナ禍で疲弊する地域経済の活性化を祈った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)