「白虎隊殉難図」(左)が置かれた円通寺本堂で、先人をしのぶ斗南會津会の役員ら

 下北地方の斗南藩士の末裔(まつえい)らでつくる斗南會津会は28日、青森県むつ市の円通寺で「斗南藩150年献霊祭」を行った。新島八重顕彰会(福島県会津若松市)から贈られた「会津戊辰役白虎隊殉難図」の複製を披露し、苦難に立ち向かった先人たちをしのんだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。