道の駅「ゆ~さ浅虫」前に設置された特製のぼり旗

 コロナ禍(か)の影響を受けた青森市浅虫地区の観光・宿泊業を応援しようと、地元住民らでつくる「浅虫まちづくり協議会」(石木基夫会長)が特製のぼり旗を製作し27日、道の駅や旅館など40施設に設置した。各施設の目立つ場所に年内いっぱいはためく予定で、関係者は「浅虫をどんどんPRしながら、盛り上げていきたい」と意気込んでいる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から