東北電力の岩渕伸一・執行役員青森支店長(61)は26日、青森市のアップルパレス青森で就任後初めての定例会見に臨み、来年2月で運転停止10年となる東通原発1号機(東通村)について「最大の課題は早期再稼働。安全審査に全力を挙げて取り組む」と抱負を語った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)