設工認申請の方針について説明する日本原燃の増田社長

 日本原燃の増田尚宏社長は25日、青森市で開いた定例会見で、六ケ所再処理工場(青森県六ケ所村)の安全対策工事に必要な認可申請について、来月にも全体計画や進め方の方針を示すと説明した。当初は月内を予定していたが、24日に開かれた原子力規制委員会で認可に関わる審査の基本方針などが了承されたことから、規制側の説明を受けた上で提示することとした。増田社長は「当社の考え方が規制側と合っているか確認し、速やかに計画などを示したい」と述べた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)