臨床実習に入る医学生にPCR検査を実施することを決めた弘前大学医学部

 弘前大学医学部は、新型コロナウイルスの影響で中止していた診療参加型の臨床実習を、参加学生全員にPCR検査を実施した上で、7月から再開することを決めた。実習を希望する医学部5年生と6年生が青森県、秋田、北海道の医療機関で診療補助などを行う。同大によると、他大学の実習でPCR検査を実施しているという情報はないという。同大担当者は「PCR検査で、医療の安全性を確保したい」と語っている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。