野辺地西高校(青森県野辺地町)2年の男子生徒=当時(17)=が自殺した問題で、学校側が設置した第三者委員会は22日、生徒の遺族に報告書案の説明を行った。取材に応じた生徒の父親(58)によると、第三者委は「いじめがあったとは認められない」との趣旨の見解を示した。第三者委は2019年8月から続けてきた調査を終了、7月中に報告書を完成させる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。