おたき上げなど神事のみが行われた「奥津軽虫と火まつり」

 五所川原青年会議所(JC)は20日、五穀豊穣(ほうじょう)や天下太平を願う「奥津軽虫と火まつり」を青森県五所川原市の神明宮で行った。今年は新型コロナウイルスの感染防止のため、虫人形に火を付ける昇天の儀やたいまつ行列などを中止し、会場を市中心部から神明宮に変更。まつり関係者約30人が神事のみを執り行い、新型コロナという悪疫の退散を祈願した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から