食品を贈った吉田支店長(左)と受け取った秋田谷会長=18日午前、青森市の県民福祉プラザ

 新型コロナウイルスの影響による子ども食堂の自粛で、経済的に厳しい状況にある子育て家庭を支援しようと日本たばこ産業(JT)は18日、青森県内の2団体にご飯パックなどの食品を贈った。食品は子ども食堂で提供されるほか、子育て中の家庭に届けられる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から