米軍三沢基地に到着した一時在留部隊の隊員が新型コロナウイルスに感染したことを巡り、18日閉会した三沢市議会の本会議で、佐々木卓也議員(市民クラブ)が市の対応に関する緊急質問を行った。小桧山吉紀市長は「米軍と連携を密にして情報収集し、これまで以上に(米軍や関係機関、市民と)情報共有を図り、感染症対策に万全を期したい」と述べた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から