完成したブローチを手にする斉藤さん(右)と鹿内さん
「シーグラス」や琉球ガラスでつくったアクセサリー。SNSでは「日本海の夕日をイメージしたイヤーカフ」などと地元の魅力をPR

 「色が濃いめのガラスは映えてきれい。紺や群青とか、ピンクもいい」

 7日の昼下がり、秋田県境に近い青森県深浦町大間越の民家。斉藤桃子さん(22)と鹿内さくらさん=岩崎中3年=の声が弾んだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。