三沢市の感染症対策本部会議に臨むストルーヴィ司令官

 米軍三沢基地に到着した一時在留部隊の隊員3人が新型コロナウイルスに感染したことを受け、青森県三沢市は17日午後、市役所で感染症対策本部会議を開いた。出席した米軍三沢基地のクリストファー・W・ストルーヴィ司令官は、隊員への自宅待機命令などについて「安全が確認されるまでは続けたい」、航空自衛隊三沢基地の久保田隆裕司令は「全隊員に不要不急の外出をしないよう指示した」と述べた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。