民間事業者へQRコードを手渡す小林市長(右)

 青森県八戸市は15日、市体育施設などで新型コロナウイルス感染者が出た場合、同じ日にその場所を訪れた人にメールで注意喚起する「はちのへwithコロナあんしん行動サービス」の一般登録者数が導入1週間で延べ838人だったと発表した。登録人数は施設利用者の約2割に相当する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から