医療用マスクの中でも最高ランクの高性能で、手術用に使えるレベル3に適合した「あおもり藍サージカルマスク」

 青森県の天然素材「あおもり藍」のエキスを抗菌剤として塗布した医療用マスクが、米国標準規格で最高ランクのレベル3に適合すると認められ、5月末から業務用に生産されている。レベル3は高性能の医療用マスクの中でも、特に飛沫(ひまつ)などの液体を透過させない防御性能に優れ、手術に使用できる最高規格とされる。企画したあおもり藍産業協同組合(青森市)は、今秋をめどに一般用の販売開始も見込んでいる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。