青森県三沢市は11日、新型コロナウイルス感染拡大に備え、市立三沢病院の4階東病棟(49床)を、新型コロナウイルス感染病棟に転換したことを明らかにした。県の要請を受けた対応。同病院は感染症指定医療機関ではないが、感染症指定医療機関である十和田市立中央病院での受け入れが困難になった場合、患者を受け入れる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から