環状列石の石に一つ一つ丁寧に防カビ剤を塗っていく市教委職員
筋のように石に繁殖した黒カビ

 世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産の一つ、青森市野沢の国史跡「小牧野遺跡」で、環状列石に防カビ剤を塗る作業が6日、始まった。約2900個ある石のうち、地表に露出している約1600個が対象。青森市教育委員会文化財課の職員3人が、ひび割れの有無など石の状態を一つ一つ確認しながら、丁寧に塗っていった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。