新型コロナウイルスの影響について説明する石田支社長=8日、新青森駅

 JR東日本盛岡支社の石田亨支社長は8日、青森市の新青森駅で会見し、新型コロナウイルスの影響で、東北新幹線盛岡-八戸駅間の利用客数は前年同期比で4月は15%、5月は13%と極めて低調に推移したものの、本県が県境をまたぐ移動の自粛を緩和した6月1~7日は26%とやや持ち直し傾向がみられたと明らかにした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)