亀ケ岡石器時代遺跡に開所した縄文遺跡案内所と遺跡ボランティアガイドの花岡さん(右から2人目)ら

 世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産である、青森県つがる市の亀ケ岡石器時代遺跡と田小屋野貝塚で6日、縄文遺跡案内所が開所した。新型コロナウイルス感染予防のため、休止していた遺跡ボランティアガイドも同日から本年度の活動をスタート。同案内所を情報発信拠点に、地域の歴史や文化、自然の魅力などを紹介する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)