園児たちが見守る中、チェーンソーを操る菅岡さん(右)

 青森県十和田市中心部を流れる人工河川・稲生川沿いで、伐採した防風林の幹を活用したチェーンソーアートの制作が進んでいる。6日、第12作目「かっぱ」が彫り上がり、見学していた子どもたちから歓声が上がった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。