モニター画面右側に映る郭局長とビデオ通話で会話する佐々木市長(左端)、林所長(左から2人目)

 青森県五所川原市と交流のある台湾の台南市台日文化友好交流基金会が、新型コロナウイルス対策に役立ててほしいと、基金会の会員らが手作りしたマスクカバーや医療用ゴーグルを五所川原市に寄贈した。佐々木孝昌市長と基金会の理事長で台南市政府観光旅遊局の郭貞慧(かくていえ)局長が5月29日、無料通信アプリLINE(ライン)でビデオ通話し、佐々木市長が感謝の言葉を述べた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)