代替大会開催の報告を受ける黒石商ナイン
単独校では最後となる大会に向け、喜びをにじませる五戸高ナイン
シートノック前、高橋監督(右)から代替大会決定の報告を受ける七戸高ナイン
代替大会の開催を伝えられ、笑顔を見せる八戸高ナイン
代替大会開催が決まり、張り切って走塁練習に臨む青森中央ナイン

 一度は消えた夏の舞台が、球児のために準備された。夏の甲子園大会の予選に当たる青森大会に代わり、青森県高校野球連盟(県高野連)は5日、独自の戦いの場を設けることを発表した。「仲間とまだ戦える」「やっと区切りをつけられる」。夏の主役である3年生の目が輝きを取り戻した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。