今春初めて出産した寒立馬の「結馬」(右)と、その子馬=5月29日、東通村尻屋崎

 青森県東通村が東京都北区浮間小学校に寄贈し、尻屋崎で暮らしている雌の寒立馬(かんだちめ)「結馬(ゆめ)」が5月、初めての子馬を出産した。結馬には、東通の小学校と浮間小双方が毎年続けている交流の象徴・絆となるよう願いが込められている。新型コロナウイルスの影響もあり、今年の交流事業をどのように実施するかは決まっていないが、村は「成長した結馬と子馬の姿を浮間小の皆さんにも見てほしい」と考えている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。