青森県五戸町の高山浩司町議が2日、酒気帯び運転の疑いで摘発された問題を受け、同町議会の三浦専治郎議長は4日の議員全員協議会の開会前、高山氏から3日に辞職願が提出されたことなど一連の経緯を説明した。高山氏本人は欠席した。三浦議長は「本人は町民に迷惑を掛けたと深く反省していた。議長としても心からおわび申し上げる」と述べ、あらためて服務規律の徹底と綱紀の保持を呼び掛けた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)