工藤町長(前列中央)と、フルーツ娘の(前列左から)川村さん、千葉さん、工藤さん、田村さん、(後列左から)山野さん、向山さん、内城さん

 青森県南部町名産の果物をPRする本年度の「フルーツ娘」7人が決まり、町は2日、農林漁業体験実習館チェリウスで委嘱状交付式を行った。20日からのサクランボ狩りに合わせて活動を本格化させ、県産新品種「ジュノハート」やリンゴ、モモなど多彩な果物を各種イベントで売り込む。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。